ボディピアスは普通のピアスを開ける時より痛い

ボディピアスは普通のピアスを開ける時より痛い

一般的なピアスの穴よりもボディピアス用の穴は大きいので、ホールを開ける時に痛いと感じる人が多いです。
自分でホールを開ける場合、よく耳を冷やしておいてから開けるなどの工夫をすることで、痛みを和らげることはできます。
ピアスホールを拡張する時も、専用ジェルや石鹸などを拡張器に塗ってから拡張すると滑りが良くなり、痛みが半減します。
ボディピアスを開けたり拡張したいけど痛いからなかなか出来ないという人は多いので、インターネットでも痛みを減らす方法が紹介されています。
それらの方法を自分で試してみる時に気をつけたいのは、衛生面です。
穴から雑菌などが入ってしまうと傷の治りが遅くなるだけでなく、化膿してしまうこともあり得ます。
耳と器具、装着するボディピアスの消毒は、徹底しておくことが基本です。
ホールが完成して状態が落ち着くと、痛みはほとんど感じなくなります。
へそピアスを開ける時も痛いですし、へそピアスに衣類などをひっかけないようにしばらく注意が必要です。

ボディピアスの選び方について

ボディピアスとは、ピアス専門店やインターネットなどで購入することのできるピアスです。
形状も素材もさまざまで、開ける位置によってあったピアスを使用しています。
さまざまなものがあり、耳に使用することができるものから、軟骨部分や舌に利用するもの、ヘソに使用する物などがあります。
それぞれの部分ごとに使用するものもありますが、基本的には全身のどこでも使用することができピアスの太さもさまざまあるため拡張して楽しむことができます。
ボディピアスとひと言で言ってもさまざまな種類やサイズがあるため選び方もさまざまです。
自分に合うボディピアスの選び方の基準としては、髪型や輪郭、耳の形や位置で選ぶなどの自分にあったものを選ぶことが良いとされています。
しかし、自分で開けてしまうとトラブルになってしまう可能性もあります。
そのようなトラブルを避けるためにも、ピアス専門店や医療機関などで開けてもらうことをおすすめします。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/1/19